子供嫌いは悪ではない。全ての人が子供好きであるわけがないのです。

子供嫌い

このサイトについて

子供が嫌いな人も世の中には存在しています。
どんな存在であれ、万民が好み愛する存在はありません。

しかし、少子化の最近、子供が嫌いと言えば悪人扱いされたり、冷たい人だと言われたり。子供嫌いが悪い事のように言われたりする場面は多々あるように感じます。子供が嫌い、というのは決して悪い事ではありません。

ゴキブリが嫌い、という人が悪人ではないように。
犬猫が嫌い、という人が悪いというわけではないように。

子供が嫌いというのも決して、悪い事ではないのです。

また、少子化の中で子供を増やして欲しいと思う政府やマスコミの後押しがあってか、子持ちを甘やかす政策ばかりが進められた辺りから、傍若無人な「子持ち様」という考えをしているとしか思えないバカ親が増えてきてしまいました。ますます、子供が嫌いな人は嫌いに拍車がかかります。

しかし、子供が嫌いと言えば叩かれやすく、ネットで書いても炎上しやすい現実がありました。だから炎上を怖がらない恐れない、正直に子供嫌いとその理由を呟き続けるTwitterアカウント「子供嫌い」を作ったのがこのサイトのきっかけです。正直なところ、フォロワーが10002000を超える事は考えていませんでした。嬉しい気持ちと、ありがたく感じる思いとがあり、同時に「子供嫌いは案外多いのかもしれない」と考えるようにもなりました。

実際、道路族なる迷惑一家も増加し、子供から迷惑を被る方々は増えています。

そんな現状がある中で、保育園幼稚園なんか建てば、近所は井戸端会議のバカ親が増え、それに伴って路上駐車に路上駐輪は増えますし、井戸端中は子供が道路へ野放しになるのも目に見えています。そういった施設建設反対にはこれらが含まれているにも関わらず、昔は子供だったとか、子育てに厳しいだとか被害者意識の塊のような子持ちが多く辟易です。

ベビーカーを電車で広げても良いと始まれば、ぶつかろうが足を轢こうが、ドア前に置いて出入りの邪魔をしようが「当たり前」と思うバカ親だらけ。満員電車に乗せてきて「押さないで!」とまで言いだす始末。子持ちを甘やかすとロクな結果になりません。

更に、土足で座席に上げるわ、スーパーなどの買い物かごの商品を入れる所にも土足で上げるわ。バカ親の行動は酷いもの。また、問題なのはバカ親が飼育育成した子供は大半がクソガキです。当たり前ですよね。親の非常識を当たり前として育っているのだから。非常識を当然とする劣化した人に仕上がります。

この現状で子供嫌いが増えるのは、当たり前と言えるでしょう。

そもそも、子供が嫌い、というのは単なる好き嫌いの一環。
犬が嫌い、猫が嫌い、ゴキブリが嫌い、というのと変わりません。

このサイトが少しでも、子供嫌いな人の味方になり、また同時にバカ親やクソガキに悩まされてる方々にとって役に立つサイトになれば幸いです。

投稿日:

Copyright© 子供嫌い , 2020 All Rights Reserved.